PMSというものをご存知でしょうか?

ajisai

月経前症候群とも呼ばれるもので、女性特有の症状です。
主に生理の前に現れる症状で、このPMSで苦しんでいる女性は多いのではないでしょうか?

多少のPMSなら見過ごすところですが、酷い症状が現れた場合、クリニックにかかる必要があります。

一人で我慢しないで、クリニックに相談に行きましょう。

 

PMSは何故起こる?

 

そもそもPMSは何故起こるのでしょうか?

sky

排卵が終わり、生理が始まるまでの2週間、プロゲステロンという女性ホルモンが増加して、PMS症状が起きると言われています。

プロゲステロンは体温をあげたり、むくみ、皮脂分泌や骨盤内に血液をためたりする働きがありますから、お腹が痛くなったり、腰がだるい、という症状が起こります。


PMSの主な症状として考えられるもの

PMSの体に現れる主な症状としては、腹痛お腹の張りを感じたり、腰痛が酷くなったりします。
そして、肌荒れニキビ吹き出物が出来たりもします。

girl

さらに胸が張る感じがあったり、頭痛吐き気便秘下痢のぼせ不眠おりものが増えるなど、体に関しては目に見えた変化が現れることが多いです。

nemuru

特に腹痛に関しては感じる人が多く、酷い場合は失神してしまうほど痛いと感じる人も多いようです。

そのためPMSで寝込んでしまう人も多いのです。

ha

またメンタル面でもPMS症状は現れ、脳内物質のセロトニンの分泌が減ることにより、情緒不安定になることが多く、イライラしたり、短気になる、落ち込みやすく涙もろくなったり、感情をコントロール出来なくなります。
マイナス思考に陥ったり、憂鬱傾向にあったりします。

PMSの症状と一言で言っても、多岐にわたりますから、個人差がありますので、自分がどれに当てはまっているのかも分からない人もいます。

hosp

精神的にも、肉体的にも辛いPMS症状が出てくると、仕事や子育てに関してもイライラしがちになり、自分を責めるようになりますから、PMS症状を軽く見ないで、もしかしたらPMSかも、と思った時にはクリニックを受診しましょう。

アンケートでは女性の8割近くが何らかのPMS症状に見舞われていることが分かっています。

中でも、イライラするという返答が多くみられます。

cake

生理前に極端に食欲が増したり、疲労感が増して来たら、もしかするとPMS症状が出る可能性がありますから、自分の日頃の行動もチェックしておきましょう。