名古屋在住 22歳 アパレル勤務 mさんの場合

小学生から今までずっと悩んでました・・

生理が始まったのが小学5年生。

それ以来ずっと生理がひどく、小中高と生理時は体育を休み、ひどい時は保健室へ通う日々。

もちろん、朝礼では倒れ、座って授業を受けてても、そのまま倒れるという・・

本当にひどい学生生活でした。

大人になって少しは良くなるかな?と思ってはみましたが、酷くなる一方・・

10代は体調不良に悩まされ、20代に入り情緒不安定になり、精神的に辛い思いをしていました。

みなさんも生理前、生理中に1度は経験があるかもしれませんが、 もう何に対してもイライラするのです! そして、落ち込むという悪循環・・

bakuhatu

私は接客業をしていますので、イライラした態度でお客様をお迎えするようなことは絶対にしてはいけないことだということはわかっています。

でも、私は失態を起こしてしまいました・・

どんなことがあっても、お客様に口答えするなんてことは、もってのほかなのにもかかわらず、 理不尽なことを言われ、ついつい・・・

朝からイライラはしていましたが、お客様に対してイライラが爆発してしまいました。

なんてことだったんでしょう。

今思い出しても、恥ずかしくて消えてしまいたい気持ちです。

ホルモンバランスやストレスが原因!?

hmn

その後、こっ酷くマネージャーに叱られ、もう立ち直れないほどでしたが、 その帰り道、先輩が声をかけてくれたのです。

「あなた、もしかして、そろそろ生理がくるんじゃない?」と。

まさにその通りだったのです。

あと4,5日で生理の予定日でした。

先輩曰く、生理前になると私がいつもと様子が全然違うから、怖かったということでした。

人格が変わるというと大げさかもしれませんが、でもそういった感じで、 色々と頼みずらかったようです。

PMSという言葉はなんとなく知ってはいましたが、 詳しくは調べもしてなくて、先輩に教えてもらいました。

生理の3〜10日位前から突然起こり、身体や心の不調がはじまり、 生理を迎える頃には消えていくような現象。

20代前半でもありうることみたいです!

little

女性ホルモンのバランスの崩れストレスで起こるみたいですが、思い当たる節は多々ありました。

まずは、ストレスですね。

現代社会において、ストレスフリーな方がいたら、お会いしたいくらいです。

みんな何かしらのストレスを抱えているじゃないかと思います。

私もその中の一人です。

接客業はとても楽しいですが、やっぱり売り上げのことになってくると、胃がキリキリしてます。

そして、プライベートでは、SMSで他人と比べて劣等感を感じたり・・

見なければいいことなんですが、なかなか。

極め付けは、生活のリズムが定まっていない日々。

朝起きる時間も眠る時間も食事をする時間もまちまちで、決まっていませんし、睡眠のゴールデンタイムという時間帯に眠れていません。

自律神経もおかしくなってしまうかもしれないですよね。

そんなことじゃダメだ!!自分を見直す時期が来た!

hope

先輩に忠告されたものの、自分のライフスタイルはなかなか変えられるものではなく、 半年ほどそのまま過ごしていました。

しかし、ある日テレビを観ていたら、懸命に山に登る男性の姿に釘付けになりました。

それは、プロアドベンチャーレーサーの田中陽希さんでした。

その姿をみて、どうしてだか私も山に登りたいという気持ちがふつふつと湧いてきてしまいました。

運動もまともにしていなかった私が高い山に登るのは無理だと思い、近所の山から制覇しようとプチ登山をはじめたのです。
もちろん、付き合って登ってくれる友人は皆無だったので、一人で登り始めました。

登山でストレス解消!趣味を作ろう!

yama

近所の山には、わりと体力を奪われずに登れました。

額や背中に滲む汗、登った達成感、降りた後のビール。

プチ登山に、はまってしまいまして、休日には簡単に登れそうな山を見つけては登る日々。
体を動かしているからか、よく眠れて、朝もすっきり起きれる。

そして、登りながら頭の中を整理するというこの気持ちの良さ。

気づけば、日頃のストレスが軽減されたように思います。

そして、何より、イライラが明らかに減りました。

jump

生理はそれなりに重いですが、精神的な不調が減ったというのは私にとっては、とても大きなこと。

ストレスを解消するのがきっと下手だったんだなと思います。

私は運良く、プチ登山というストレス解消法がみつかりました。

ウエアや頂上でのコーヒー&食事タイムの小物を揃えて行くのも楽しみの一つで、私は100名山踏破することはできないと思っているので、

私でも登れる山を探しては登ったり、同じ山に行ったりしています。

まだ、登山というレベルではなく、ハイキングという感じでしょうが、あの時テレビで田中陽希さんを見れてよかったなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。

niji

何か一つでもこれをしたら元気になるという行動を自分の中で、作っておくのはとても大切なことだと思います。

PMSになる年齢としては、少し早かったのかもしれませんが、これでなんの時も乗り越えれる自信がついたように思います。

一人で悩んでいる人は、身近の友人などに相談してみると、光が見えてくるかもしれません。