PMSにはさまざまな症状があります。

頭痛でお悩みの方、多いのではないでしょうか?

どんな症状だって辛い気持ちは変わりませんが、頭痛は身近に感じる女性も多いのではないでしょうか?
PMSに限ったことではなくて、気圧の変化だったり、片頭痛だったり・・と日常の中での不調の代表格と言えるかもしれないですね。

知っておいてもいいよね!な豆知識

頭痛には片頭痛緊張型頭痛という種類があります。

片頭痛は脳の血管が収縮したあとに拡張して起こるものです。
症状としては、頭がガンガンズキズキし、目の前がチカチカすることもあります。

緊張型頭痛は、ストレスや長時間同じ姿勢でのデスクワークなどで、血行が悪くなり起こるものです。
肩や首のこりなどで起こることが多いです。
頭が締め付けられるような痛みが生じます。

月経前に起こる頭痛は、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量にかかわりがあったんです。
プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)は生理周期中に、一定で増減します。
その中で、エストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少する時期があります。
それは、排卵後と生理前です。
エストロゲン(卵胞ホルモン)が減少することによって、セロトニンという脳内物質も減少する事で、
脳内の血管が拡張して、頭痛が起きるというわけです。
(セロトニンとは、精神の安定をもたらし、不安感を緩和してくれる物質です。)

PMS時の頭痛も月1で起こるわけですから、少しでも体に負担のないやさしい方法でよくしたいですよね。
我慢して、頭痛を放っておいて、吐き気にまで発展してしまったり、倒れたり、寝込んでしまうこともあるんです。
もう、それはそれは辛くて、家にいる時になるならまだしも、仕事中や外出中になってしまったら、もう最後・・
医務室へ行くことになるかもしれません。

我慢するというのは、まだ大丈夫だと休憩を取らなかったり、薬を飲まなかったりということになるのですが、
薬、鎮痛剤はあまり飲みたくないなぁと思う方もたくさんみえます。

気持ちは非常にわかるのですが、我慢して頭痛を放っておくと、いいことなんてありません。
悪化して、仕事や家事に支障をきたすことになりかねません。

頭痛がひどくなりそうな時には、素直に鎮痛剤などを服用した方がいいかもしれません。

でも、できるだけ市販の鎮痛剤や病院の薬を使いたくないという方へ!!

体にやさしいアロマ漢方薬を生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?

どちらもすぐに効くという療法ではありませんが、どちらも継続していくことで、なんらかの変化があるかもしれません。
まずは、実践してみることが大切ですね!

漢方もアロマも、どうやって生活に取り入れていけばいいのでしょうか?

家に帰って、お風呂で即効リラックス♪

アロマテラピーはハーブなどの植物から抽出した精油の香りの力を借りて行う自然療法です。
いい香りは自分が思うほどに、リラックス効果をもたらしてくれます。

最近では、洋服や雑貨などのショップやホテルに入った途端にいい香りが漂うこともありませんか?
気分良くお買い物を楽しむことができたり、非日常の世界へと誘ってくれたりとアロマは私たちの生活の中へ浸透しているのではないでしょうか?

アロマの香りは、鼻から吸い込んで、脳や肺、肌に入り、自律神経や女性ホルモンのバランスを整える働きイライラやひどく落ち込んでしまったりなどの心の不調も和らげてくれる効果があるとされています。

PMSに効果的な精油(エッセンシャルオイル)

ラベンダー:リラックス効果の定番 ストレスや緊張から心を解放し自律神経のバランスを整える効果も!頭痛不眠の方へもおすすめです。

イランイラン:エキゾチックで甘い香りは心を落ち着かせる効果があります。 ストレスや緊張イライラ不安な気持ちを解き放してくれます。 ホルモンバランスを整えてくれたり、更年期の方へもおすすめです。

ゼラニウム:ローズのような甘い香り。イライラや不安、落ち込みがちな気持ちなどを前向きにしてくれる効能が。更年期の方やむくみにもいいと言われています。

アロマの楽しみ方は、アロマポットディフューザーを使って部屋に広がった香りを楽しんだり、 アロマスプレーを作っていつでもいい香りを持ち歩いたり、いろいろな方法がありますが、 おすすめなのが、1日の疲れを癒してくれるバスタイムにアロマを使うということ。

浴槽にお好みの精油を1滴から5滴ほど入れます。
お風呂の電気を落として38〜40度のお湯に30分ほど、何も考えずにぼーっと。
電気は月明かり程度でもいいのですが、キャンドルなんかが雰囲気があっていいんじゃないかと思います。
煤が気になる方は、LEDキャンドルという火を使わずに楽しめるキャンドルがありますので、チェックしてみてもいいかも!

気をつけたいのが、精油の選び方。

精油とは100%天然素材から抽出されたものです。
香りだけの合成オイルがあるので、購入する際は要注意です。
安価で売られているものは特に注意が必要で、できれば、信頼できるブランドやショップの店員さんに説明を受けて購入するのがいいでしょう。

妊娠を考えている人にも適してる漢方薬

漢方薬は西洋薬に比べたら、すぐに治るという即効性はないのですが、継続していくことで、体の中を整えてくれて、自然治癒力も高めてくれると言われています。
西洋薬を飲みたくないという、妊娠を考えている女性にもいいのではないかと思います。

PMSの根本的なところから治療に入って行くわけですが、個人差がありますので、自分の症状や体質に合ったものを選ばないと効果がみられないため、しっかりとした医師など専門家に診察してもらいましょう。

むくみ、頭痛、肩こりに効果のある当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)やイライラ・情緒不安定に効果的な加味逍遙散(かみしょうようさん)などが使われることが多いでしょう。
漢方薬については、カテゴリー漢方をご覧ください。